MENU

広島大学ミールカードを11ヶ月間使ってみた結果は?

  • URLをコピーしました!

それでは広島大学の生協食堂で、11ヶ月間(2019年4月~2020年2月まで)ミールカードを使ってみた結果はコチラになります。

【ミールカード11ヶ月間の利用結果】

  • 利用期間:2019年4月~2020年2月
  • 総支払額:234,000円(Aプラン分割料金)
  • 2月末までの利用金額:201,401円
  • 差額:-32,599円

という結果でした。

でも、このまま「32,599円の損」というわけではありません。

広島大学ミールカードは、支払額と利用学の差額を返金してくれます。

ただし返金システムには注意点が2つあります。

【注意点1】システム利用料&MYple返金

返金額は差額全額ではなく、システム管理費用(1万円)を差し引いた金額が「MYple」で返金されます。

(MYpleとは)「MYple(マイプル)とは生協電子マネーのことで、学内の生協サービスで利用できます。

返金はMYpleというのがミソで、学外では使えないのでご注意を。

【注意点2】支払額は一括払い金額が適用される

もう一つの注意点は、支払額は分割払いでも「一括支払い」の金額が適用されます。

我が家はAプランの分割払い(234,000円)でしたが、返金時の計算では一括払い(225,000円)が適用されます。

つまり差額は、

(225,000円:一括払い金額)-(201,401円:利用金額)=23,599円(返金対象の差額)

となります。

この差額から「システム管理費用:1万円」が差し引かれて、

(差額:23,599円)-(システム管理費用:1万円)=12,599円(MYpleでの返金額)

という計算になりました。

実際には、3月2日にMYple口座に返金分として14,807円のMYpleが入金されていました。
*途中で消費税増税などがあったので、私の計算と入金額が少し違っています。

実質はシステム利用料の1万円が損失?

MYpleとはなりますが返金はあるので、実質はシステム利用料の1万円が損失となりますがそれも対策はされています。

差額返金計算の締めは2月末までですが、3月中はそのままミールカードが利用できます。

3月に使った分は、返金にはカウントされません。

なので3月中に1万円以上使えれば、システム管理費用分も元が取れることになります。

ちなみに我が子の3月利用金額は「3月7日時点:6,105円」となっています。

このペースなら帰省もありますが、元は取れそうです。

さらに入学前のキャンペーンを利用すればもっとお得になるんです。

新入学キャンペーンを利用すればもっとお得

実は前期試験の日に待機している保護者向けに「入学説明会」が開催されます。

*入学説明会についてはコチラ>>広島大学受験日に親がするべき3つのこと

その入学説明会の中で、ミールカードの入会キャンペーンが紹介されました。

キャンペーンの内容は、

【Aプランに申し込めば3万円分のMYpleがキャッシュバックされる】

というものです。

これはAプランならば一括でも分割でも対象になるので、我が家では分割で申し込みました。

その結果、キャッシュバック3万円分のMYpleが入学前の2019年3月25日に振り込まれました。

そのMYpleは教科書購入代金に利用できたので助かりました。

ただし、2020年度以降のキャンペーン内容は分からないので、あくまでもご参考までに。

1年目の利用日数はどれくらい?

ここで1年目に我が子がどれくらい利用したのかを、授業日数なども含めて紹介したいと思います。

リアルなデータなので、目安になるかと思います。

最初に我が子の簡単なデータはこちらです。

  • 学年:1年生
  • 学部:文系
  • 授業:ほぼサボらずに出席しています
  • 部活:体育会系(週4~6回)
  • 住居:大学から自転車で10~15分ほどのアパートに一人暮らし

どこにでもいる平均的な大学生ですが、1年目の利用実績はこちらです。

授業日数利用日数利用回数利用金額1日平均損益分岐点差異
4月15日18日20回14,532円807円21,280円-6,748円
5月19日19日32回18,061円951円21,272円-3,211円
6月20日24日46回23,468円978円21,272円2,196円
7月22日24日41回22,976円889円21,272円1,704円
8月4日11日19回9,780円889円21,272円-11,492円
9月0日9日17回9,011円1,001円21,272円-12,261円
10月20日23日39回23,693円1,030円21,272円2,421円
11月20日20日32回22,183円1,109円21,272円911円
12月18日21日35回21,771円1,030円21,272円499円
1月18日18日26回18,242円1,013円21,272円-3,030円
2月4日18日30回17,684円982円21,272円-3,588円
小計160日205日337回201,401円982円234,000円-32,599円

・期間:2019年4月6日~2月29日まで
・授業日数:授業がある日数
・利用日数:食堂を利用した日数
・利用回数:食堂を利用した回数(1日で朝・昼・夜を食べると3回でカウント)
・利用金額:1ヶ月間で利用した金額
・1日平均:利用金額÷利用日数=1日に使った金額の平均額
・損益分岐点:総支払金額÷11ヶ月、毎月利用すればお得になる目安の金額
・差異:損益分岐点ー利用金額、毎月の損得金額

授業日数160日に対して、205日も食堂を利用しています。

部活をしているので、授業がない日も45日間は学校に行って食堂を利用していたことが分かります。

授業がある日だけの食堂利用だと、とてもじゃないけど払った分をクリアすることはできません。

その原因の一つとして、一日の上限額の設定がありました。

そのへんについては、こちらのページで詳しく書きましたのでご覧ください。>>大学生協のミールカードは元が取れるのか?

しかし、2020年4月からは「一日の上限額がアップする」という朗報が発表されました。

2020年4月からは一日の上限額がアップ!

2020年4月からは、1日の利用上限が下記の内容で増えます。

コース2019年上限額2020年上限額
Aコース1,500円(朝食200円サービス含む)
土曜日:800円
1,600円(朝食200円サービス含む)
土曜日:800円
Bコース1,000円
土曜日:800円
1,200円
土曜日:800円

1日の上限額が、

  • Aコースで100円増額
  • Bコースで200円増額

となります。

たった100円とか200円と思うかもしれませんが、この上限額アップのおかげで

【試算上は授業日だけの食堂利用で、払った金額はペイできる計算】

になります。

と、思ったら利用料金の総額も上がっていますね(汗)

今年の新入生応援価格が分からないのですが、一般価格の値上げ率をそのまま当てはめると、

【2020年度Aコース一括払い:238,125円(予測値)】

となります。

この予測価格を2020年度の授業日数(160日)で割ると、

238,125円÷160日≒1,488円

で、1日に1,488円以上使わないとペイできない計算になります。

つまり朝食利用(一日3食を生協食堂で食べるということ)しないと、授業日だけでは元は取れません。

Bコースも正確な応援価格が分からないのですが、Bコースは朝食利用のプラス200円がないので授業日利用だけではペイできない可能性が高いです。

土日祝日や長期休暇中も食堂を利用していかないと、払った分だけの元を取るのはかなり厳しいです。

このことから、大抵の場合は返金制度を利用してMYpleで返金対応となると思われます。

1年目でミールカードAコースを利用した感想

キャンペーンや返金制度までを含めて考えると、1年目はミールカード利用でお得だったという結果となりました。

ただし、授業日だけで支払った金額分を使い切るのは、かなり難しいことが分かりました。

そうは言っても、親としてはミールカードをがあると「食いっぱぐれ」がないので安心です。

それに毎日の食生活も大学生協マイページで確認できるし、要望すれば郵送で毎月の利用状況を送ってくれます。

毎月の食生活はこんな感じで確認できます。

生協食堂でミールカードを利用した履歴

とても分かりやすい内容で、一日何食を学食で食べたのかも一目瞭然です。

毎日何を食べたかのメニューも分かるし、とても便利で重宝します。

まあMYple返金とはなりますが、使い切れなくても1万円以上の大損をすることはありません。

返金されたMYpleで次年度の教科書を買ったりすればいいので、来年もミールカードを利用するつもりでいたんです。

ところが・・・。

本人から継続しないとの意思表示が・・・。

親としては、2020年度も生協ミールカードを利用するつもりでした。

Aコースは使い切れないので、Bコースに変更して申し込もうと思ってた矢先のことです。

「来年はミールカード要らないよ」

と子供に言われてしまいました。

理由は、

  • 「生協食堂に縛られたくない」
  • 「バイト先でも安く食べられる」

ということでした。

やはり友達やバイト仲間と学外で食事をしたり、各自の部屋に行って一緒に鍋パーティーをしたいようです。

確かにそうなると、今年以上にミールカードの利用頻度は減ってしまいます。

親としてはそれでもミールカードはあった方が、「食」に関しては安心なのですが。

最終的には、利用する本人の意思を尊重することにしました。

2年生になったら仕送り額を減らすつもりでしたが、食費も込みで現状維持とすることにしました。

と、こんな感じで1年目のミールカード利用が終わりを迎えようとしています。

1年間使ってみた感想としては、

ミールカードの資料に書かれているように得するとは思えませんが、親としてはメリットがある制度だと思います。

子供の生活環境にもよると思いますので、お子さんと相談のうえご利用をご検討ください。

今回の記事が、その際の参考になれば幸いです。

実際どれくらいの生徒が使っているの?

2019年度は、約4,600名の組合員が利用したようです。

そのうち新入生の利用者数を調べてみると、

【2019年新入生】

  • 1年生全数:2,462名
  • ミールカード利用者数:1,551名

となります。

全体の62.9%の新入生が、ミールカードを利用しています。

3年生・4年生になると、大学の授業数も減ってくるので利用者は減っていくようです。

利用するなら授業数の多い「1年生&2年生」ということでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1969年生まれの酉年。
妻と3人の子供を持つしがない親父。
【悩み】お金(教育費・老後資金)、日々の子育て、心身の老化
【得意なこと】食べる、のんびりする、妄想する
【苦手なこと】人付き合い、お酒

目次
閉じる