親父の知恵袋〜オヤジHACK > お金について > 定年退職で年金生活になり毎月3万円の節約に成功!

定年退職で年金生活になり毎月3万円の節約に成功!

 作成日:2018/6/13 | 更新日:2018/06/13

【パーソナルデータ】
・今回の節約男子:R2じじぃ
・旦那さんの年齢:61歳
・結婚歴:35年

年金だけでは生活も苦しいので、節約と自宅仕事を始めてみました!

Ads by Google

節約中心の生活設計

定年退職して年金生活になり、収入が半減以下になりました。

子供も独立して夫婦2人だけの生活になった事で、生活費も大幅に少なくて済む様になってはいました。

それでも現役時代の感覚で生活していると、毎月5万円程度のマイナスとなります。

このままでは預貯金を取り崩すことになるので、まず節約する必要が生じたのです。

特別無駄使いをしている訳ではないので、あまり大幅に節約するのは難しいです。

まず目標を月3万円の節約に設定し、さらに収入として2万円をクラウドソーシングでのライティングで稼いでいくことにしました。

アルバイトでもすれば5万円程度は稼げるでしょうが、もう人に遣われるのは十分だと言う想いがあります。

そこで節約中心の生活設計をたてて、暮らしていくことにしました。

 

通信費の見直しは効果絶大

まず最初に行ったのは、通信費の見直しです。

現役時代には余裕があり、余り通信費について節約を考えた事はありませんでした。

しかし改めてチェックすると、無駄が多い事に気付きました。

会社勤めをしていなければ、固定通信回線を使ってインターネット接続をすれば良いのでスマートフォンからガラケーに戻しました。

また、固定回線も光通信からADSLに戻しました。

 

時代に逆行する様ですが、セット割りで満足していては大胆な節約ができないとので思い切って変更しました。

この通信費の見直しで、夫婦で1.5万円の節約ができました。

 

生命保険の見直しも効果大です!

次に節約したポイントは、生命保険の見直しです。

医療保険やがん保険は、高齢になれば必要性が増えます。

そのためそのまま据え置き、死亡保険のみを見直しました。

これまで掛け捨ての死亡保険を子供の成長に合わせて、保険金をアップしてきました。

子供が独立したので、もう高額の死亡保険は不必要です。

葬儀代程度の死亡保険に新たに入り、従来の死亡保険は継続を中止しました。

この死亡保険の掛け金の削減で、1万円の節約ができました。

 

電力自由化も節約に役立ちました

以上の様に毎月コンスタントに節約できるものを真っ先に実施しました。

電力の自由化に対応して、電力会社も変更しました。

その際には、まず電力の使用自体を減らすため

  • 蛍光灯をLED照明に変更
  • エアコンの室外機に直射日光が当たらない様に覆いの屋根を設置

することで、トータルで月に2千円弱の節約を達成しました。

 

ケチケチせずに3万円の節約達成!

目標までの節約不足分の月3千円は、妻の日常の買い物の節約で何とかクリアーできました。

こうしてケチケチした感じなく、3万円の節約できました。

ネット副業で2万円余を稼ぐ事で、収入と支出のバランスはほぼ取れるようになりました。

生き方や考え方によって異なりますが、節約するなら真っ先に通信費にメスを入れる事が大切だと思います。

Ads by Google


キーワード