親父の知恵袋〜オヤジHACK > 買いました > パナソニック どこでもドアホン VL-SWD303KLを購入しました!

どこでもドアホン VL-SWD303KL

 作成日:2016/6/14 | 更新日:2017/11/24

玄関のインターフォンが鳴ったり鳴らなかったりするようになってきた。

子供の帰宅が分からなかったり宅急便の不在票が入っていたりと、困ることが増えてきたのでそろそろ買い替えどきかな・・・と。

一軒家の新築から12年目だけど故障するにはちょっと早い気もするなぁ~。

でも家の消耗品って何年くらい使い続けられるかはイマイチ分からないから、故障した時が買い替えどきって思うようにしてます。

そんなふうに考えたら、なんとなく「そんなものかな~」って思えるようになってきたから不思議です。

 

で、今のインターフォンはPANASONIC製WQS530Wです。

ドアフォン01

モニターは白黒ですが、最初に使ったのがコレだったので何の不便も感じず使っていました。

今でも現役で使えていますが、たまに呼び出し音が鳴らなくなってしまったのでその点では困っています。

できれば自分で取り替えしたいので、同じメーカーの商品の方が簡単かと思いパナ製品を調べてみることにしました。

こういう時はやっぱり価格ドットコムの出番です。

 

■価格ドットコムで商品比較

家電のジャンルでいうと「テレビドアホン・インターホン」ということになります。

ググッてみると、「価格.com – テレビドアホン・インターホン」がすぐに見つかりました。

求めるスペックは、2階の自室でインターフォン対応することが多いので「ワイヤレスモニター子機」がセットになっていることだけです。

録画とかスマホ対応とかは特に必要ではありませんでした。

「テレビドアホン・インターフォン人気ランキング」の「売れ筋ランキング」をチェックしていくと、希望条件に沿うアイテムは下記になりました。

  • 2位:パナソニック どこでもドアホン VL-SWD303KL(24,980円)
  • 4位:パナソニック どこでもドアホン VL-SWD701KL(40,280円)
  • 5位:パナソニック どこでもドアホン VL-SWD501KL(32,469円)
  • 7位:パナソニック どこでもドアホン VL-SWD210K(19,181円)
  • 9位:パナソニック どこでもドアホン VL-SWD302KL(21,798円)

*価格は2016年6月14日時点

TOP10にはパナソニックどこでもドアホンシリーズがずらっと並んでいます。

「16位:アイホン ROCOタッチポータブル WK-24A(24,399円)」も気になりましたが、取り換えの懸念もあるのでパナ製品に絞ることにしました。

パナ製品のクチコミ情報や評価を見ていくと「機能的には満足できるけど画像が粗いのが気になる」という意見が多数見られました。

多くの人がそのように言っているので、きっとそういうことなんだと思いました。

そこで問題なのは、画像が粗いの感じ方は個人によって受け止め方が全然違うということです。

つまりは購入する自分が「ん~、画像が粗くて嫌だな」と思ってしまうかどうかが、購入選定において大切だということです。

ということで、実機を確認するために近所の量販店とヤマダ電機の2軒に行ってきました。

テレビドアホン2

そこで一通りの機種を実機確認することができました。

自分で実物を触ってみての結論としては、
・画像は粗いけど気にならない程度
・店内が明るいので夜間の画像は、見え具合が分からなかった
・ワイヤレス子機の画像は、静止画のコマ送り状態
ということでした。

 

■確かに画像は粗い

画像については、価格ドットコムのレビューでみなさんが評価している通り確かに粗いです。

でも、テレビと違ってたまに短時間見るだけなので、とにかく顔の判別が付くので問題なしとしてパナ製品を購入することにしました。

あとはモニター画面の大きさですが、これは迷わず一番小さい約3.5型モニターのVL-SWD303KLを選択しました。

VL-SWD303KL

というのも実機を確認したところ、モニターが大きくなればなるほど画像の粗さが目立ちだし、さすがに5型以上は粗さが気になったからです。

顔の判別が付けばよい程度で充分なので、逆に大き過ぎると粗さが気になってしまい選定から外すことにしました。

この辺は個人の間隔なので、実機の映り具合を確認してみたほうが後悔は少ないかと思います。

ヤマダ電機では「約7型・約5型・約3.5型」の3種類のドアホンが展示販売されていたので、お近くの家電量販を探してみれば実機を確認できるかもしれません。

ちなみにヤマダ電機ではSWD303KLが店頭価格44,800円(税別)でした。

ただし、ヤマダ電機のWEB通販「ヤマダウェブコム」で38,673円(税込)なので、そこまでは値引きしてもらえると思います。

それ以上も値引き交渉は可能かもしれませんが、価格ドットコムでは最安値が24,800円(税込み)と価格差があり過ぎます。

この価格差だと交渉しても最安値と競合してもらうのは厳しそうです。

ということで、ネット通販での購入を検討することにしました。

ネット通販での購入は価格比較しやすいので、いくつかのネット通販の価格を調べてみました。

 

【価格比較】

  • 価格.com最安値PCSボンバー:24,980円(税込み)+送料無料
  • AMAZON:27,500(税込み)+送料無料
  • 楽天市場 質みなみ:23,760円(税込み)+送料700円

質みなみは質屋さんですが、未使用の中古品ということだったので一番値段の安い楽天市場で購入することにしました。

楽天市場で注文する場合は、スマホアプリ経由での購入がお得です(理由はこちら)。

早速注文すると、「14:45:35」に注文で「16:05」に商品発送完了のお知らせメールが届きました。

14時までは当日出荷と書いてありましたが、14時を過ぎても当日出荷して頂けました。

とりあえず今日はここまでとなります。

商品が届いてから取り付けや使い勝手については、到着&設置後に改めてレビューします。

 

 

Ads by Google


キーワード