MENU

LPレコードの買取価格!調べてみたら38枚で総額27万円に!?

  • URLをコピーしました!

中学校の頃に洋楽や邦楽が好きで、特に好きなアーティストはLPレコードを買っていました。

それから大学生くらいまでアナログレコードを買っていたのですが、今の38枚のLPレコードが手元に残っています。

何気に中古レコードの買取価格がいくらか気になったので、調べてみました。

まずは手元にあるLPレコードの一覧です。

  • レッド・ツェッペリン:永遠の詩(狂熱ライヴ)
  • レッド・ツェッペリン:Led Zeppelin IV
  • ポール・スタンレー:ポール・スタンレー
  • AC/DC:バック・イン・ブラック
  • AC/DC:FLICK OF THE SWITCH(征服者)
  • VANDENBERG:HEADING FOR A STORM(誘惑の炎)
  • KISS:KISS ALIVEⅡ
  • NIGHT RANGER:MIDNIGHT MADNESS
  • AEROSMITH:GEMS
  • ROUGH CUTT:ROUGH CUTT
  • KROKUS:HEADHUNTER:髑髏の紋章
  • howlin’wolf:moanin’ un the moonight
  • ELMORE JAMES:THE BSET OF ELMORE JAMES
  • ROBERT JONSON:KING OF THE DELTA BLUES SINGERS(ジャケ違い)
  • ROBERT JONSON:KING OF THE DELTA BLUES SINGERS(ジャケ違い)
  • OTIS REDDING&THE JIMI HENDRIX EXPERIENCE:The Monterey International Pop Festivel
  • TAMPA RED:TAMPA RED-VOL.2
  • RY COODER:BOP TILL YOU DROP
  • ジョナサン・バトラー:DELIVERANCE
  • PRINCE:1999
  • QUEEN:NEWS OF THE WORLD
  • BRIAN MAY FRIENDS:STAR FLEET
  • JIMI HENDRIX:天才ジミ・ヘンドリックスの生涯
  • ALLAN HOLDWORTH:METAL FATIGUE
  • BBA:BBA LIVE
  • WISHBONE ASH:NEW ENGLAND
  • SWEET:Desolation Boulevard
  • MOTT THE HOOPLE:MOTT
  • humble pie:back home again
  • CREAM:VERY BEST OF CREAM
  • THE ROLLING STONES:
  • THE ALAN PARSONS PROJECT:AMMONIA AVENUE
  • 長渕剛:SURPER LIVE IN 西武球場
  • プレゼンス:ロックンロール
  • 憂歌団:生聞59分
  • 上田正樹:抱きしめたい
  • 山口百恵:歌い継がれてゆく歌のように
  • 松山千春:起承転結Ⅱ

山口百恵からロバート・ジョンソンまで、HM・HR・BULES・ROCKなどで構成されています。

思い入れのあるLPを紹介していきます。

目次

KISS:KISS ALIVEⅡ

KISS ALIVEⅡのアナログLP

発売は1977年なのでリアルタイム購入ではありませんが、1983年~1988年頃に購入したLPです。

ジャケットでジーン・シモンズが口から流血している姿とオープニング曲のデトロイト・ロック・シティがあまりにもインパクトがあって記憶に残っている一枚です。

ラブ・ガンの駆け上っていくようなエースのギターソロやハードラックウーマン&ベスでのピーター・クリスの甘いハスキーボイスも大好きです。

キッスアライブに収録されているので「ロックロールオールナイト」や「ブラックダイヤモンド」が未収録ですが、それを差し引いても大満足な名盤です。

ロバート・ジョンソン:KING OF THE DELTA BLUES SINGERS

スティーブヴァイが出演した映画「クロスロード」でお馴染みの伝説のブルースプレイヤー「ロバート・ジョンソン」。

最初に知ったのは、エリック・クラプトンがカバーした「クロスロード」でした。

独特のギターフレーズと曲調が格好良くもあり渋さ満点で、10代の私にも耳に残る名曲でした。

そのクロスロードが収録されているのは「Vol.2」のほうです。

彼が残した29曲が収録された「KING OF THE DELTA BLUES SINGERS Vol.1&Vol.2」は、アコースティックブルースで最も印象に残っているLPレコードです。

ロバート・ジョンソンThe King of Delta Blues Singers Vol1
VOL.1
ロバート・ジョンソンThe King of Delta Blues Singers Vol3
VOL.2

2枚で全32曲が収録されていますが、下記の3曲がダブって収録されています。

  • Kind Herted woman blues
  • Rambling On My Mind
  • Peachin’ Blues

本人は27歳だった1938年8月に死去していますが、諸説ある死因や「十字路で悪魔に魂を売り渡して、引き換えにテクニックを身に着けた」などの逸話が神秘性を高めています。

そういうミステリアスな背景込みで2枚のアルバムを聞くと、1936年録音の粗い音質や雰囲気と相まって、ミステリアスなアコースティックブルースが痺れます。

NIGHT RANGER:MIDNIGHT MADNESS

NIGHT RANGER:MIDNIGHT MADNESSのLPジャケット

リアルタイムで最も熱狂した記憶があるのが、ナイト・レンジャーです。

シブがき隊の「zokkon命」のイントロリフが見事なまでのオマージュ(パクリ)だった「Don’t Tell Me You Love Me」が収録された1枚目「ドーン・パトロール」に続く、第2弾LPがこの「ミッドナイト・マッドネス」です。

MTVで「ロック イン アメリカ」が流れて、ジェフ・ワトソンの8フィンガー奏法を見たときは度肝を抜かれました。

1983年の初来日公演を観に行き、その後のフィルムコンサートも観に行くくらい大好きでした。

コピーバンドではギターでブラッド・ギルスをコピーしましたが、とにかくアーム奏法だけそれっぽく演奏していた苦い記憶があります。

まだまだ他にも思い入れのあるLPレコードはありますがキリがないので、そろそろお値段のほうを見ていきたいと思います。

中古LPレコードの価格は?

中古レコードの買い取りは、店舗への持ち込みやネット依頼など方法があります。

どちらかに見積もりを依頼するもりでしたが、そもそも売る気がないので買い取り査定の依頼をするのはいかがなものかと思いました。

ということで、AMAZONの中古レコードでどれくらいの値段で販売されているのかを調べてみました。

買い取り価格とは違いますが、だいたいの価値を知ることができました。

調査前の予想では、一番高いのはこのアルバムだと予測しました。

レッド・ツェッペリン:永遠の詩(狂熱ライヴ)

レッド・ツェッペリン:永遠の詩(狂熱ライヴ) のLP

レッド・ツェッペリンのライブ盤「永遠の詩」です。

帯は破れてたりするのですが、このワードがちょっとワクワクさせてくれます。

レッド・ツェッペリン:永遠の詩(狂熱ライヴ) の帯「初回限定」

ボロボロの帯に「初回生産限定」と表記があります。

1976年10月発売なので新品を購入したわけではありませんが、中古で購入したと記憶しています。

「初回生産限定」というキラーワードが、高額への期待度を高めてくれます。

中古LPのAMAZON販売価格一覧

それでは一覧をごらんください。

アーティスト名TITLEAMAZON価格
レッド・ツェッペリン永遠の詩(狂熱ライヴ)20,696円
レッド・ツェッペリンLed Zeppelin IV12,928円
ポール・スタンレーポール・スタンレー35,900円
AC/DCバック・イン・ブラック19,727円
KROKUSHEADHUNTER16,572円
KISSKISS ALIVEⅡ16,130円
howlin’wolfmoanin’ un the moonight13,330円
ジョナサン・バトラーDELIVERANCE47,670円
QUEENNEWS OF THE WORLD12,788円
SWEETDesolation Boulevard10,343円

とりあえず1万円以上で販売されているアルバムをピックアップしてみました。

一番高く販売されているLPはなんとこちらのアーティストでした。

ジョナサン・バトラー:DELIVERANCE

ジョナサン・バトラー:DELIVERANCEのアルバムLPジャケット

まさかまさかの「ジョナサン・バトラー:DELIVERANCE」でした。

ジョナサン・バトラーは1985年デビューのサウスポーギタリストです。

DELIVERANCE(デリヴァランス)は、1990年に発売された6曲入りアルバムです。

リアルタイムで購入している輸入盤で、輸入盤のほうが邦盤よりも安かったです。

AMAZONではCDだと1,076円で販売されているので、音源を聞きたい人向けでなくコレクター向けの価格なんだと思います。

個人的には、こちらのLPがどれくらいの価値なのかを知りたかったです。

BRIAN MAY FRIENDS:Star Fleet Project

BRIAN MAY FRIENDS:STAR FLEETのLPジャケット

懐かしいですね。

久しぶりにみて、ちょっとテンションが上ったアルバムです。

QUEENのギタリスト「ブライアン・メイ」の個人名義のミニLPで、ゲストミュージシャンがこちらです。

BRIAN MAY FRIENDS:STAR FLEETのエドワード・ヴァン・ヘイレン

今は亡き「エドワード・ヴァン・ヘイレン」が参加したコンセプト・アルバムで、邦題は「無敵艦隊スター・フリート」です。

ブライアン初のソロ活動となる「スター・フリート・プロジェクト」は、ブライアン・メイからエディに声をかけてスタートしました。

youtubeで全曲聴けるので、興味のある方はどうぞ。

ちなみにAMAZONでは在庫なしで、金額は表示されていませんでした。

LP38枚で総額276,339円

AMAZONで1枚1万円以上で販売していたLPを紹介しましたが、アナログLP38枚総額では「276,339円」となりました。

あくまでもAMAZONで販売されている価格ですが、だいたいのイメージは掴むことができました。

やはり有名アーティストのコレクター性の高いアルバムに高い価値がつきますね。

実際に買取査定に出したら、どれくらいの価格になるか知りたくなってきました。

ただ、最後にきて言うようなことではありませんが、レコードプレイヤーを持っていないので肝心の「音が再生できるかどうか」を確認できていません。

レコードの状態が不明のため、その価値も実際にはどうなのか微妙です。

とりあえずの正常な状態であれば、「どれくらいの価格でAMAZONで販売されているのかを調べてみた」ということで今回はご容赦ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1969年生まれの酉年。
妻と3人の子供を持つしがない親父。
【悩み】お金(教育費・老後資金)、日々の子育て、心身の老化
【得意なこと】食べる、のんびりする、妄想する
【苦手なこと】人付き合い、お酒

目次