親父の知恵袋〜オヤジHACK > 観光レビュー > 夏の東映太秦映画村は「時代劇&ヒーロー&水遊び」と遊び尽せるスポット♪

夏の東映太秦映画村は「時代劇&ヒーロー&水遊び」と遊び尽せるスポット♪

 作成日:2018/7/11 | 更新日:2018/07/25

【スポットデータ】
・場所:東映太秦映画村
・住所:京都市右京区太秦東蜂岡町10
・公式サイトURL:http://www.toei-eigamura.com/

東映太秦映画村ではお侍さんと記念撮影できるでの、子どもたちも大喜びです。

Ads by Google

江戸時代にタイムスリップ?お侍さんにも会える!

映画村は、まるで江戸の町にタイムスリップしたような街並です。

それもそのはず、この映画村で時代劇の撮影が行われているのです!

オープンセットとして実際の撮影で使われている建物などを、私たちは見て触れて感じることができます。

タイミングがあえば、撮影を見学することもできますよ。

 

もちろん、見るだけではありません。

家の中に入ってお座敷に上がったり、白馬に乗って刀を構えてみたり、寺子屋でお侍さんの話を聞いたり。

そして何よりも子供が喜んだのは、お侍さんに会えること。

袴を着て刀を携えたお侍さんが、普通に映画村内を歩いています。

お土産に買ったプラスチックの刀を持っていた娘と長男に「刀のかっこいい構え方」を指南してくれました。

その後は写真撮影にも気軽に応じてくれました。

袴姿の格好良さとちょんまげにすっかり魅了された子供たちは

「本物に会えた!お侍さんに刀の使い方を教えてもらった!」

とピョンピョン飛び跳ねて喜んでいました。

 

 

大好きなアニメキャラクターに会える! ヒーローショーも開催!

太秦映画村のアニメキャラや戦隊ヒーローが展示されていて、ショーやイベントも楽しめます。

お姉ちゃんは大好きなアニメキャラがたくさんいて、大喜びでした。

そしてお姉ちゃんより大喜びだったのが、男どもです。

スーパーヒーローは、男の子の憧れですよね。

我が家の長男&次男も例に漏れず、赤いヒーローに強い憧れを抱いています。

映画村には歴代のスーパーヒーローたちが展示されています。

子供たちはもちろん、自分も懐かしさからついついテンション上がってしまいました(汗)

 

また、ホールで開催される映画村のヒーローショーはとてもクオリティが高くて本格的です。

悪者が出てきて客席を練り歩く姿は迫力満点で、怖がりの我が子は3人揃って大号泣してました。

ちなみに周囲の子供たちも大泣きしてて、客席はプチパニック状態となってました。

子供が泣き出して、親たちが一斉に焦ってたのが面白かったです。

アクションシーンもダイナミックで、住宅展示場やショッピングモールで行われるショーとは全然迫力が違います。

さすが映画村ですね。

着ぐるみの中に入っている人も、アクション俳優のたまごとかなんでしょうかね。

夏に行ったのですが、館内でのショーは暑さ凌ぎにもなるし快適に過ごせました。

でも子どもたちは熱中して、涼しいのに汗をかいていましたw

 

 

夏は親子で水遊びができる!

東映太秦映画村では夏に水遊びができるので、水着を忘れずに持っていきましょう。

映画村では、夏に水遊びができます。

ある一角では、有料の水の迷路が設営されています。

また別の一角では、水を大放出する巨大忍者に水鉄砲で立ち向かうというイベント(1日2回、無料)が開催されます。

巨大忍者の水放出イベントには、水着はもちろんですが水鉄砲も持参した方が良いです。

無料貸し出しのコップなどで参戦することはできるのですが、ほとんどの子供が水鉄砲を持参しています。

それだけに水鉄砲を持っていない子供はションボリしてました。

そんな中でタイミング良く、会場横に水鉄砲販売ワゴンがお目見えします。

これがなかなか立派な水鉄砲なのですが、その分お値段が高いんです。

そこそこの痛い出費となる可能性があるのでご注意を!

 

巨大忍者が放出する頭上からの水と、飛び交う子供たちの水鉄砲弾でちょっとした戦場となります。

その様子はかなり激しく、遠巻きに見ている大人のところにまで水しぶきが飛ぶので写真スマホビデオの撮影禁止令が出ているほど。

その為、小さいお子様には大人の付き添いが必須です。

普段は水遊びの大好きな我が子も、さすがに1歳と3歳は大迫力の水合戦に尻込みしていました。

親に付き添ってもらうと安心したのか、楽しそうな「大歓声?or大悲鳴?」をあげながら水の中を飛び跳ねていました!

着替え用の簡易テントも設置されているので、親も水着持参していった方が気兼ねなく遊べます。

映画村には涼しい館内の展示もありますが、屋外も広い為、暑い日にはこうした涼を取れるのはありがたいです。

子供もクールダウンされて、一気に元気になります!

夏はこのようにプラスアルファの楽しみがあるので、お得なうえに1日滞在しても飽きないのでオススメです!

【スポットデータ】
・場所:東映太秦映画村
・住所:京都市右京区太秦東蜂岡町10
・公式サイトURL:http://www.toei-eigamura.com/
Ads by Google


キーワード