親父の知恵袋〜オヤジHACK > 観光レビュー > 2018年さっぽろ雪まつりで最も記憶に残った雪像はコレ!

2018年さっぽろ雪まつりで最も記憶に残った雪像はコレ!

 作成日:2018/2/15 | 更新日:2019/10/05

2018年2月11日に札幌の雪まつりに行ってきました!

生まれて初めての「雪まつり」生体験です。

テレビや雑誌やインターネットで目にしたことはある程度なので、前から生で見てみたいと思ってたんです。

今回は大通会場を練り歩いてみました。

さっぽろ雪まつり雪像_猫

 

Ads by Google

第69回雪まつりの概況

2018年の雪まつりは、第69回目ということです。

開催期間中に254万3000人(大通会場:187万4000人、つどーむ会場:66万9000人)が、来場したそうです。

昨年の第68回(2017年)は、264万3千人(大通会場:192万人、つどーむ会場:72万3千人)だったので、今年は来場者が10万人ほど減りました。

インフルエンザの流行や平昌オリンピックの開催とカブったことが影響したみたいです。

そうはいっても、現地に行くとやっぱり人は多かったです。

さっぽろ雪まつり_人混み

 

今回の雪まつりはノープランでぶらりと行ったので、下調べとかもほとんどしていません。

ただただ歩きながら面白そうなものを見つけていくような感じで、地下鉄南北線の大通駅から会場に着いたのが16時頃でした。

暗くなるまで時間がないので、急ぎ足で会場へと向かいました。

 

 

雪まつりの画像

白い恋人 PARK AIR ジャンプ台

地下鉄の駅から地上に上がると、まずはジャンプ台が目に入りました。

【白い恋人 PARK AIR ジャンプ台」

白い恋人 PARK AIR ジャンプ台

私たちが見た時は、子供がスノボでジャンプ台から飛んでいました。

ジャンプを生で見るのは初めてだったからか、何故かちょっとテンションUPしてしまいました(汗)

3人ほどジャンプを見たのですが、誰も転ばずにみなさん上手に飛んで着地してました。

これが平昌五輪のスキージャンプだと100メートル以上飛ぶんですから、とんでもない迫力なんでしょうね。

 

 

【大雪像】ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”

ファイナルファンタジーをしたことないオジサンですから、あまり感情移入ができませんでした。

ソレ抜きにしても、大きさと精密さはスゴイと思いました。

【大雪像】ファイナルファンタジーXIV “白銀の決戦”

見る人が見ればテンション上がるんだと思います。

 

アイドルイベント(2代目HAPPY少女)

ステージイベントでアイドルの女の子たちが、パフォーマンスを披露していました。

アイドルに無知なため、素通りしてしまいました。

2代目HAPPY少女

存じ上げなかったのでツイッターとかで調べたら、このグループだったみたいです。

 

いろいろな大雪像があったよ

他にもいろいろな大雪像がありました。

雪まつり_大雪像

雪まつり_大雪像_ライオン

LIONの大雪像では、ライオンちゃんと記念撮影していました。

雪まつり_大雪像_ラブライブ

唯一、雪像をバックに撮影した記念撮影が、「ラブライブ!」の雪像でした。

全然知らないで撮影してもらったのですが、撮ってもらった人から「そういうのが好きだったんだね」と言われ「???」となってしまいました。

後から調べたら有名なアニメだったことを知りました(汗)

ラブライブの前で、一人でWピースの記念撮影をするアラフィフおじさん。。。

何も恥ずかしいことはありません!

 

 

 

やっぱり屋台でお肉が食べたい!

今回の雪まつり参戦で思ったのは、屋台で食べたり飲んだりが楽しいってことです。

正直な感想としては、大雪像とかテレビのニュースとかで見たことがあるんで思ったより感動は薄かったんです。

確かに壮大なスケールの雪像はスゴイなぁ~って思ったけど、個人的には屋台で熱々のお肉を食べる方が楽しかったです。

雪まつり_屋台_01

雪まつり_屋台_02

雪まつり_屋台_豚バラ

雪まつり_屋台_えぞ鹿

雪まつり_屋台_えぞ鹿の肉

お肉は塩辛かったし、焼きとうきびも冷えていて美味しくなかったけど、それでも屋台での買い食いはテンション上がりました。

雪が降って氷点下の気温の中で買い食いするのって、初体験だったので楽しくなってアレコレ食べ歩きました。

 

 

一番ブーイングが多かったのがコチラの雪像

市民雪像が展示されているコーナーで、もっともブーイングが起こっていたのがコチラ!

雪まつり_雪像_ブルゾンちえみ

はい。ブルゾンちえみさんを模した雪像です。

ん~、全然似てない(汗)

最初見た時は、年末の「笑ってはいけない」のダウンタウン浜田さんかと思いました。

しばらく見てましたけど、通り過ぎる人の大半から

  • 似てな~い
  • 誰コレ!???
  • ブルゾンすべってるぅ~

というような声が聞こえてきました。

本人とは全然関係ないところで、スベっているのが不憫で仕方ありませんけどね。

 

2つ隣にあった日本ハム清宮くんの雪像がかなり似ていただけに、落差が激しすぎて失笑が起こっていました。

雪まつり_雪像_清宮

メッチャ似てるでしょ!

「似てるうぅ~」という声がたくさん聞こえました。

で、もう1回ブルゾンちえみさん。

雪まつり_雪像_ブルゾンちえみ

ね、落差が大き過ぎるでしょ。

一緒に行っていた人から「写真を撮っていたのアンタだけで恥ずかしかったよ。」と言われてしまいました。

でも、ある意味で記憶に残る雪像だったので、画像に残しておきたかったのです。

 

ちなみに清宮くんの雪像は、「市民雪像人気投票で第3位」となっています。

さて、第一位は何でしょうか?

ひょっとして・・・「35億」

>>市民雪像人気投票 結果発表

 

と、こんな感じで中雪像ゾーンでは、高低さまざまな雪像が並んでいました。

個人的に出来が良いと思った作品はコチラです。

雪まつり_雪像_猫

猫バスやジバニャンなど、猫キャラを集めた雪像です。

雪まつり_雪像_YUKI

元JUDY AND MARYのボーカルYUKIさんのロゴデザインです。

雪まつり_雪像_ミニオンズ

全体的にミニオンズの雪像が多かったですね。

雪まつり_雪像_SBお父さん

「ただの犬の雪像じゃん」という声も聞これましたが、立派なソフトバンクのお父さんです。

 

他にもいろいろな中雪像があったのですが、中には全国区ではないキャラクターや個人の雪像もあって似ているかどうかも分かりませんでした。

雪像を作った市民参加のみなさんお疲れ様でした。

いろいろな意味で楽しませて頂きました!

 

 

結局、雪まつりってどうなの!?

人生で初めての雪まつりでしたが、リアルな感想は

テレビで見た通り

でした。

つまり、予想を超えた感動を覚えるほどではなかったということです。

やはりテレビで何度も見たことがあるから、完全な初見ではないからでしょうか。

「へぇ~、なるほど」

という感じで、それ以上でもそれ以下でもありませんでした。

 

有名なお祭りって、どことなく全国的にこんな感じが多いのかもしれないと思っています。

テレビやネットで見ちゃってるから、新しい感動ってなかなか生まれないんですよね。

ある意味で情報化社会の弊害かもしれませんね。

 

でも、本当はもっと楽しめるはずなんです。

お祭りの歴史や準備の過程をしっかり学んで、目に見えない部分まで含めて知ることが大切だと思います。

何の準備もしないでLIVE感を楽しむのもお祭りの醍醐味ですが、その場合は今回の雪まつりのような感じになりかねません。

自分のようにその場の雰囲気に乗って楽しめない人種は、歴史や過程を学んでいくべきだったと思っています。

お祭りの楽しみ方は、いろいろあります。

せっかくお金と時間を使ってお祭りに行くのですから、楽しめないともったいないですよね。

Ads by Google


キーワード