親父の知恵袋〜オヤジHACK > 近頃の話題 > iPhone7の圏外問題-モデル番号A1779だった件について

iPhone7の圏外問題-モデル番号A1779だった件について

 作成日:2018/2/8 | 更新日:2018/02/08

2018年2月2日にアップルが公表した「「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」。

不具合の内容は、

ごく一部の iPhone 7 において、メインロジックボードのコンポーネントの故障により、ステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される場合があることが判明しました。

ということだそうです。

 

問題が確認されている対象機種は、

  • 製造期間:2016年9月~2018年2月
  • 販売地域:中国、香港、日本、マカオ、米国

のアイフォン7ということです。

 

で、うちのアイフォン7は

  • 購入日:2017年4月
  • 購入地:日本
  • モデル番号:A1779(日本)

ということで、ドンピシャでハマっていました。

iPhone7モデル番号

モデル番号は、スマホの背面に小さい字で書かれています。

 

Ads by Google

発症してないけど、どうする?

対象機種と分かって、これはマズイと思ったのですが・・・、

今のところ、不具合なく無事に使えています。

通信エリア内で圏外が出ていたらすぐにでも修理依頼をするのですが、特に問題がないだけに躊躇しています。

というのも、修理に出すのも何かと面倒くさそうなんですよね。

 

 

修理に出すのは面倒くさそう

修理に出す前に、iTunesまたはiCloudにiPhoneをバックアップしておかなければなりません。

修理を出す準備についてはこちらに詳しく書かれています。>>iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする

なんかいろいろと面倒くさそうなので、やっぱり症状が出たら修理に出すことに落ち着きました。

修理開始前にAppleで実機検査を行い、適用対象かどうかを検証してくれるそうです。

気になる人は、症状が出てなくても検査してみて下さい。

 

 

修理の手続き方法

修理依頼をするには、下記に申し込みをすることになります。

  • Apple 正規サービスプロバイダ
  • Apple Store 直営店
  • Apple テクニカルサポート

ちなみにNTTドコモやソフトバンク・auなどの携帯電話会社では、このプログラムは取り扱っていないということです。

Applega提供する受付窓口から申し込みをしましょう。

 

ちなみにうちの近所では、

  • Apple直営店
  • ビックカメラ
  • カメラのキタムラ

が、対象店舗になっていました。

最寄りの対象店舗を探すには、手続きの項目に掲載されているリンクをクリックすると公式サイトに飛びます。

公式サイトにある検索窓口に郵便番号を入力すると、下記の画像のように最寄りの対象店舗が表示されます。

iphone7修理受付店舗

店舗までの距離や予約可能時間なども表示されています。

公式サイトを利用する際は「Apple ID&パスワード」の入力が必要となりますのでご用意下さい。

 

 

えっ!?期限があるの?

「症状が発症したら修理したらいいか。。。」なんて軽く考えてたら、追加情報でこんな内容が書かれていました。

【追加情報】
・修理を受けられるのは製品の最初のご購入国かご購入地域のみとさせていただく場合があります。
・本プログラムは iPhone7の通常の製品保証期間を延長するものではありません。
・本プログラムは、iPhone7本体の最初の小売販売日から2年間、対象となるiPhone7に対して適用されます。

 

3番目の最初の小売販売日から2年間ってことは、うちの場合は2017年4月に購入なので対象期間は「残り:約1年2ヶ月」です。

発売日直後に買った人の場合は、2016年9月購入なので「残り:約7ヶ月」です。

ほぼ半年くらいしかないので、対象期限切れにもご注意を。

 

症状が出ていないだけに面倒臭さが勝ってしまいますが、期限があるだけに迷うところです。

うちの場合は残り1年2ヶ月あるので、そこまでに症状が出れば修理依頼。

期限が切れてから発症したら、新機種に機種変更しようと思います。

 

修理プログラムに関する情報に関してはAppleサポートサイトをご確認下さい。

>>「圏外」の問題に対する iPhone 7 修理プログラム

 

Ads by Google


キーワード