親父の知恵袋〜オヤジHACK > お金について > 法人名義でマイカーローン:信用保証協会との融資面談

法人名義でマイカーローン:信用保証協会との融資面談

 作成日:2017/12/16 | 更新日:2018/02/08

ここまでの流れは自動車の買い替え(マイカーローン法人契約)してきましたからご覧下さい。

さあ、いよいよ融資面談のピークを迎える場面となりました。

信用保証協会との面談に向けての準備や面談内容は大切なポイントなので、こんな感じで準備を進めました。

 

Ads by Google

法人名義での融資の流れ

 

【4】11月1日~11月3日:面談用資料の作成

信用保証協会との面談用に資料を作成しました。

作成した資料は下記になります。

  • 業務内容について(業界規模、将来性、自社のポジション)
  • 業績について(売上構成比、直近の売上推移、今後の売上見込み)
  • 個人情報(家族構成、職務経歴、自己資産)

パワーポイントとワードで資料を作成し、面談当日はこの資料をもとに説明を進めることにしました。

 

 

【5】11月15日:信用保証協会と面談

前回の銀行員さんとの面談から2週間が経過して、ようやく信用保証協会との面談となりました。

当初の予定日を過ぎても面談の連絡がなかったので、税理士さん経由で銀行へ面談の確認をお願いした次第です。

すぐに前回面談した銀行員さんから連絡があり、信用保証協会へ確認の連絡を入れてもらいました。

すると直後に信用保証協会の方から電話があって、2日後の15日に面談が決定しました。

 

今回は初めての融資申し込みなので、職場見学も兼ねて事務所で打ち合わせがしたいということでした。

うちは「事務所=自宅」なので、自宅のリビングで面談することに・・・。

朝から嫁さんと大掃除です。

久しぶりにキレイになった我が家のリビングで、ようやく面談がスタートしました。

 

この日の必要書類はコチラ。

  • 免許証とコピー
  • 業務に使用している銀行通帳
  • 直近月の会計データ

当日は信用保証協会の方がお一人で来られました。

面談は10時スタートで、終わったのが11時15分くらいでした。

面談内容は、

  • 業務内容の説明(30分くらい)
  • 職歴
  • 購入車の使用目的
  • 銀行通帳と会計データの照会

などになります。

あとは面談を実施したということを証明するために、職場の写真や買い替え予定の車をデジカメで撮影していかれました。

 

ここでのポイント

今回来られた方が本日の面談内容をまとめ、上司などに説明したうえで融資の決済を得るそうです。

ということで、この方が上司に説明しやすいように、こちらで準備した資料を手渡しました。

自分の代わりに交渉してもらうのですから、事業内容を理解してもらい融資可能という認識を持ってもらうことが大切です。

交渉材料をしっかりとお伝え&手渡しして、何か不明点があればすぐに問い合わせをしてもらうようにしました。

融資可否については、3~5営業日で銀行経由で連絡をするということでした。

で、結局のところ予定日を過ぎても連絡が来なかったので、24日に税理士さん経由で確認してもらうことにしました。

その日に審査通過の連絡が銀行からあって、11月27日に最寄りの支店で融資手続きをすることになりました。

融資手続きが滞りなく完了すれば、12月1日に融資が実行されます。

今回の融資では、銀行さんも信用保証協会の方も日程が予定通りいかないことが続きました。

何らかの理由があるのでしょうが、遅れるなら遅れるで連絡は欲しいところです。

 

金利は安かった

金利は「銀行年1.3%+保証協会の保証料年0.8%=年2.1%(変動金利)」でした。

トヨタファイナンスより年1.8%も安く融資を受けられました。

この時点で「12月1日に入金です。」とカーディーラーに連絡をいれて、トヨタファイナンスはキャンセルしてもらいました。

 

 

【6】11月27日:最寄り支店にて融資手続き

最寄りの支店で融資手続きです。

今回の必要書類は、下記になります。

  • 履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明書:法人2通
  • 印鑑証明書:個人1通
  • 個人実印、法人実印、法人銀行届出印
  • 身分証明書(運転免許証)
  • 銀行通帳
  • ディーラー振込先

履歴事項全部証明や印鑑証明などは提出したはずなのに、また提出を求められました。

当日銀行に行くと応接室に通されて、銀行側は支店長代理と業務課長が対応して下さいました。

融資内容の確認をしながら、必要書類に記入していき、最後にまとめて押印していきます。

住所&名前&TELを何枚も書くことになります。

最後に支店長代理の方からも言われましたが、会社のゴム印があるとかなり楽です。

「社名・名前・住所・TEL」のゴム印があれば、ペタペタとハンコを押すだけです。

書き損じがあると疲れるし、時間も掛かってしまいますからね。

調べて分かったのですが、楽天市場なら3千円~4千円くらいでセパレートタイプのゴム印が作ってもらえます。

今後のことも考えて、ゴム印を作ることにしました。

 

バネ付きのタイプにしたので、4,100円(消費税&送料込み)でした。

最初から準備しておけばよかったです。

何回も住所や名前は書きますからね。

 

 

【完結】融資完了→振り込み完了

ということで、無事に融資手続きが完了しました。

振込日は12月1日です。

12月1日に通帳記入をして確認すると、

  • 信用保証協会への保証料:66,000円(一括前払い)
  • 印紙代&証貸利息:8,871円

が引き落としされていました。

ちなみに一括返済した場合、一括前払いしている保証料は残期間分が返金されます。

そして無事トヨタへ購入代金が振り込まれていました。

これで晴れて2日の納車を迎えることができます。

銀行面談日から約1ヶ月が掛かりましたが、税理士さんに聞くと初めての融資の場合、1ヶ月半~2ヶ月くらい掛かることが多いそうです。

申し込みから融資まで1ヶ月なら早い方なのかもしれませんが、トヨタファイナンスの審査時間5分を経験するとかなり長い気がしました。

ま、銀行とファイナンス会社を単純に比較するものではありませんけど。

 

Ads by Google


キーワード